設計部、小泉です。

今度は西日本が警戒する事となりそうな天候ですが、
みなさんのお宅の屋根は大丈夫でしょうか。

今日紹介する工事は、棟瓦の補修工事です。

9cd9a621











通常、棟瓦を銅線で押さえている事が多いかと思いますが、
経年劣化により切れてしまうことがあります。
今回のお宅では、銅線が切れ、瓦の下に詰めてあった粘土も乾燥していて、ただ置いてある状態でした。
(強風により落ちる可能性が大きかったです)

既存の銅線が巻かれている瓦まで1度外し、
瓦の隙間にモルタルを詰め、
銅線を新規に巻き直し完成です。

e08e68877e643a1a


















これで安心です。